お知らせ

暮らしやビジネスに役立つ情報を配信します。


丸田 政彦の行政書士ブログ

2017年

  • 誠に勝手ながら、当事務所は8月11日(金)から8月17日(木)まで夏季休業とさせていただきます。電話でのお問い合わせについては、通常の休日通り10:00から17:00頃まで受付していますが、面談については18日以降の対応になりますので、ご了承ください。

  • 誠に勝手ながら、当事務所は5月3日(水)から5月7日(日)まで休業させていただきます。電話でのお問い合わせについては、通常の休日通り10:00から17:00頃まで受付していますので、お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。ゴールデンウイーク中の面談予約についても、お電話にてご連絡ください。

  • 平成29年5月29日(月)から、全国の登記所(法務局)において、各種相続手続きに利用することができる「法定相続情報証明制度」が運用開始予定とのことです。 READ MORE

  • 深夜(午前零時から午前6時まで)において客に種類を提供する飲食店営業を営む場合には、営業所を管轄する警察署に届出が必要です(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第33条)。具体的には深夜に営業するバー・スナック・居酒屋などが挙げられます。 READ MORE

  • 行政書士の相続業務は、主に権利義務に関する書類の作成として「遺産分割協議書」などの協議書を作成することや事実証明に関する書類の作成として遺産分割協議書等の作成に必要な「相続関係説明図」「財産目録」等の書類を作成することと書類作成の相談に応じることとなります。今回は上記の業務のうち、相続関係説明図の作成について概要を紹介します。 READ MORE

  • もうすぐ新年度を迎え、引越しのシーズンになりました。引越の準備ももちろんですが、役所での様々な手続なども面倒なものです。役所関係の手続としては、代表的なものとして住民異動届がありますが、自家用車についても自動車保管場所証明申請書(車庫証明)の手続が必要になることがあります。 READ MORE

  • 行政書士になるには、行政書士名簿に住所、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地などの登録を受けなければならず、この登録を受けた時に、当然、その事務所の所在地の属する都道府県の区域に設立されている行政書士会の会員になると行政書士法に規定されています。 READ MORE

  • 公正証書は、法務大臣が任命する法律の専門家である公証人が作成する公文書です。
    遺言・任意後見契約・協議離婚に伴う契約・金銭の貸借・尊厳死宣言・土地や建物の賃貸借などの約束事を公正証書にすることができます。行政書士はこれらの公正証書作成のサポート業務を行っています。 READ MORE

  • 行政書士丸田政彦事務所は、土日祝日が定休日となっていますが、以下の内容で定休日の相談、お電話等でのお問い合わせを受付しています。 READ MORE

  • 土地、建物等の賃貸借や金銭の消費貸借等を行う場合は、その内容を書面に残しておくことにより後々の紛争予防になります。行政書士は、行政書士法第1条の2により「権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする」とされています。 READ MORE