お知らせ

暮らしやビジネスに役立つ情報を配信します。


丸田 政彦の行政書士ブログ

2017年2月

  • 公正証書遺言とは遺言者から直接公証人が遺言の内容を聞き取り、公証人が書面に作成する方式です。 READ MORE

  • 自筆証書遺言は法律に定められた要件や形式があります。要件や形式に不備があり自筆証書遺言が無効になってしまう例が数多くあるとのことです。このようなことがあるとせっかく遺言書を書いたのに自分の意思が次の世代に実行されないことになってしまいます。 READ MORE

  • 遺言とは、自分がこれまでの人生で築いてきた大切な財産を、有意義に活用してもらうために行う、遺言者の意思表示です。しかし、相続は、争続という造語もあるように、一歩間違うと親族間の争いに発展しかねない問題になります。遺言がないために、相続をめぐり親族間で争いが発生することも増加しているようです。 READ MORE

  • 補助金や助成金申請では、税理士や中小企業診断士が多く活躍していますが、行政書士も官公署に提出する書類の作成を業にしているので、国や地方公共団体が交付する補助金等の申請業務に携わることができます。 READ MORE

  • 宅地建物取引業を行うためには、予め事務所を設置する場所の知事または大臣から、宅建業免許(宅地建物取引業免許)を受けておかなければなりません。 READ MORE

  • 遺言の方式は民法に定められていて、その方式を満たさない場合は遺言としての効力が認められません。 READ MORE

  • 昨日は福岡県行政書士会が開催する研修会に参加しました。行政書士業務は幅広いのでこのような研修会に参加して知識の確認や情報収集をしています。今回の内容は離婚公正証書作成業務に関するものでした。 READ MORE

  • 福岡市周辺地域で、入札参加資格申請(指名願)の受付を行っている自治体があります。あわただしくなる時期に入ってきますが、入札の参加に必要になるので忘れずに申請をしてください。 READ MORE

  • 当事務所は福岡商工会議所の会員になっていますが、こちらのホームページ作成サービスでもう一つホームページを持っています。

    READ MORE

  • 当事務所の営業時間は、基本的には平日の9:00~18:00としていますが、お電話でのお問い合わせについては、平日は夜21:00くらいまで、土日祝日は10:00~17:00くらいまでは対応できますので、お気軽にお問い合わせください。場合によってはすぐに電話に出られないこともありますが、折り返しご連絡いたします。

    お電話かお問い合わせフォームからご連絡いただければ、平日夜や土日祝日の来所、出張相談もいたしますので平日お忙しい方はこちらもご利用ください。